長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

余熱調理を生かして作る「たけのことふきの煮浸し」

「かまどさん」の蓄熱力を利用して、余熱調理を生かした煮浸しを作りました。どうぞ「かまどさん」をご用意ください。

<使用土鍋>

  • 「かまどさん」3合炊き

<材料>

  • 下ゆでしたたけのこ 350g
  • ふき 300g
  • 生わかめ 適量
  • だし汁 3カップ
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 塩 少々


<作り方>

  1. ふきを下ゆでする。ふきは長さ約14cm(土鍋に入る長さ)に切り揃える。「かまどさん」に水(分量外)を7〜8分目・塩(分量外)を小さじ1入れ、上ふたをして(中ふたはしない)中強火にかける。沸騰したらふきを加えて火を止め、ふたをして3分余熱調理する。ざるなどにあげて冷水に取り、薄皮をむく。食べやすい大きさに切る。

  2. 「かまどさん」にだし汁・しょうゆ・みりん・塩・食べやすい大きさに切ったたけのこを入れ、上ふたをして(中ふたはしない)中強火にかける。沸騰したら弱火にして10分煮る。ふきを加えて中強火にし、沸騰したら火を止めて一度完全に冷ます。

  3. 食べる直前に温め直し、わかめを加えて一煮立ちさせる。

肉厚成形で蓄熱力抜群で、炊飯以外の余熱調理にも向いている「かまどさん」。レシピを参考に、いろいろな煮物や煮浸しにもご活用ください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
1 / 589 >>

このページの先頭へ