長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

ちょっとひと手間「牡蠣ごはん」


酒蒸しにした牡蠣のエキスで米をおいしく炊き上げ、
最後にプリプリの身を混ぜて仕上げます。
貝の食感をいかした牡蠣ごはんは、お酒のシメにもおすすめです。
どうぞ「かまどさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「かまどさん」3合炊き

<材料>4人分
□ 白米 2合
□ 生食用生牡蠣 12〜16粒
□ 酒 100ml
□ 塩 小さじ1/2
□ しょうが汁 少々
□ 小口切りにしたねぎ 適量

<作り方>
1. 牡蠣は水をきり、塩小さじ1(分量外)をまぶして軽くもみ、さっと水洗いする。
 小鍋に牡蠣・酒を入れて中火にかける。沸いたら1分〜1分半ほどで火から上げ、
 ボウルなどで煮汁を受けながらざるにあけ、煮汁と身を分ける。
 ※身は乾かないようにアルミホイルなどでくるんでおく。
2. 1の煮汁に水を足して400mlにし、研いだ米・塩・しょうが汁とともに
 「かまどさん」に入れ、10分ほど浸水させる。
 蓋をセットして中強火に12分かけ(穴から蒸気が勢いよく出て1〜2分が目安)、
 火を止めて15分蒸らす。
3. いったん中蓋・上蓋を開けて素早く1の身をのせ、再び蓋を閉めて5分蒸らす。
 食べる直前にねぎを散らし、よく混ぜていただく。

 詳しい炊き方を動画でご覧いただけます。→ 長谷園紹介動画「かまどさん」
 ※読み込みに時間がかかる場合がございます。

牡蠣の旨みが際立つシンプル混ぜごはんです。
煮汁が熱すぎる場合は少し冷ましてから米を浸水してください。
加熱時間を1分ほど長くしておこげを作ると、香ばしいおいしさが楽しめます。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー



Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 土鍋の食卓を盛り上げる「おろし名人」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 卓上のごちそう「ハーブ蒸し」 >>

このページの先頭へ