長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

こっくりおいしい「骨つきチキンのホワイトシチュー」


こんがり焼き目をつけた骨つきチキンを柔らかく煮込んだ、
旨みたっぷりのシンプルなホワイトシチューをご紹介します。
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料>4人分
□ 骨つきの鶏肉 500g(8本)
□ 大根 1/5本
□ キャベツ 1/4個
□ 玉ねぎ 1/2個
□ 小麦粉 20g
□ 塩 小さじ2
□ 牛乳 200ml
□ 生クリーム 200ml
□ 日本酒(または白ワイン) 50ml
□ 水 50ml
□ オリーブオイル 大さじ2
□ 黒胡椒 少々

<作り方>
1. 鶏肉に塩小さじ1をすり込み、10分ほど室温におく。
 大根は小さめの角切りに、キャベツはざく切りにする。
 玉ねぎはみじん切りにする。
2. 鶏肉に小麦粉をまぶし、余分な粉をはたいておとす。
 オリーブオイル・鶏肉の順に「みそ汁鍋」に入れ、強火にかける。
 焼き音がしてくるまで蓋をしておく。
3. 3〜5分後様子を見て、こんがり焼き目がついていたら一度上下を返す。
 さらに3〜5分焼き、全体に焼き目がついたら野菜を入れ、軽く炒める(写真1)。

4. 日本酒と水を入れ蓋をし、弱火で7分ほど蒸し煮にする。
 牛乳・生クリーム・残りの塩も加え、弱火で(沸き上がらないよう注意)
 15分ほど煮込む(写真2)。※途中で沸いてきたらさらに火を弱くしてください。
 火を止め、そのまま1時間ほど冷まし、余熱調理する。
5. 器に盛り、お好みで黒胡椒を挽いていただく。
 ※ブロッコリーや人参など、温野菜サラダを添えてもいいです。

「みそ汁鍋」の遠赤効果は食材の水分をやわらかに引き出します。
そのため、焼いたり炒めたりする最中に食材が焦げつくことがありません。
火を止めても土鍋に蓄えた熱で煮込みが続きますので、
いつもより早めに火を止めても大丈夫です。
ご紹介したホワイトシチューのほか、ビーフシチュー、カレーなども
上手に作れます。
「みそ汁鍋」で食材の旨みをいかした煮込み料理をお楽しみください。

※今回ご紹介した「みそ汁鍋」は大丈夫ですが、空焚きができない土鍋もございますので、ご注意ください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 卓上のごちそう「ハーブ蒸し」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 電子レンジでも本格蒸し料理「陶珍菜」 >>

このページの先頭へ