長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

手間いらずの「土鍋で筑前煮」


驚くほど保温力のある「みそ汁鍋」で作る、
簡単な筑前煮のレシピをご紹介します。
コツは、余熱をきちんと計算して作ること。
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料>8人分
□ 鶏もも肉 1枚(250g)
□ 干ししいたけ 6枚
□ れんこん 小1節
□ ごぼう 1/2〜1本
□ 人参 1/2〜1本
□ 里芋 3個
□ こんにゃく 1/2〜1枚
□ さやえんどう 適量
□ 油 大さじ2
□ 水 1カップ
□ だし昆布 1枚
□ 花かつお 10g(ひとつかみ)

【調味料】
□ 醤油 大さじ4
□ 砂糖 大さじ3
□ 酒 大さじ2
□ みりん 大さじ1

<作り方>
1. 洗った干ししいたけをカップ1の水に浸し、戻す。
 戻し汁とだし昆布を小鍋などに入れ、火にかける。
 沸騰したら花かつおを入れ1分煮立て、ふたをしてそのまま冷ましておく。
2. 食材はすべて同じぐらいの大きさ(やや大きめの一口大)に切りそろえる。
 れんこん・ごぼうは水にさらしてアクを抜く。こんにゃくはちぎるとよい。
 さやえんどうは両端からスジを取り、さっと塩ゆでにしておく。
3. 「みそ汁鍋」を強火にかけて油を回し入れ、まずこんにゃくを炒める。
 こんにゃくの周りから細かい泡が出てくるまでしっかり炒めたら、続けて
 鶏肉→里芋→ごぼう・れんこん→人参・干ししいたけの順に炒める。
4. こした1のだしに【調味料】を合わせて3の鍋に回し入れ(写真1)、混ぜる。
 沸騰したら落としぶた(写真2)・ふたをして弱火で20分煮込む。
 火を止めて、一度完全に冷ます。

5. ざっと混ぜて器に盛り、塩ゆでにしたさやえんどうをあしらう。

食材の下ゆでをしなくても美味しくできる、土鍋ならではの大らかな筑前煮です。
火を消した後も余熱でしばらく煮込みが続きます。
火力によって煮込み時間が短くなったり長くなったりします。
ご家庭ごとに調節して、好みの加減に仕上げてください。

※今回ご紹介した「みそ汁鍋」は大丈夫ですが、空焚きができない土鍋もございますので、ご注意ください。



<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 変わり蒸し鍋「蒸しチーズフォンデュ」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | いつもの器で迎えるお正月のしつらい >>

このページの先頭へ