長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

子供にも大人気「煮込みハンバーグ」


いつものハンバーグを「タジン」で作って、ごちそう風に。
スパゲッティやごはんと盛りつけてワンプレートもおすすめです。
どうぞ「伊賀土鍋 タジン」をご用意ください。


<使用土鍋>
「伊賀土鍋 タジン」大

<材料>4人分
【 ハンバーグ 】
□ 合い挽き肉 300g
□ 玉ねぎ(大きめのもの) 1/2個
□ 卵 1個
□ 食パン 40g(8枚切り1枚分)
□ 牛乳 80ml
□ 塩 小さじ1
□ 胡椒 少々

□ 小麦粉 適量
□ 油 大さじ1

【 トマトソース 】
□ トマトの水煮缶 1缶(400g)
□ 玉ねぎ 1/2個
□ 水 100ml
□ 固形スープの素 1個
□ ウスターソース(中濃でもOK) 大さじ1

<作り方>
1. 食パンをちぎり、牛乳に浸してつぶしておく。
 玉ねぎは半分みじん切りに(→ハンバーグに使う)、
 半分薄切りに(→トマトソースに使う)しておく。

2. ボウルに挽き肉・卵・食パン・玉ねぎのみじん切り・塩・胡椒を入れ(写真1)、
 手で粘りが出るまでしっかり混ぜる(写真2)。
 4等分して丸め、小麦粉をまぶす。

3.「タジン」に油大さじ1/2をひいて約2分中火で予熱する。
 玉ねぎの薄切りを入れて炒め、少し色づいてきたら火を止めて取り出す。
 残りの油をひいて2を並べ(写真3)、ふたをして中弱火で約3分焼く。
 こんがり焼き目がついたら返し(写真4)、ふたをして約2分焼く。
4. 取り出しておいた玉ねぎ・トマトの水煮缶・水・固形スープを入れて(写真5)
 ふたをし、弱火にして約15分煮込み、火を止める(途中1〜2回返す)。

5. ウスターソースを入れ、塩(分量外)で味をととのえ、
 ふたをして1時間ほど蒸らす(写真6)。

「タジン」の陶板は煮込みがしやすい深さのある形状。
ふたの持ち手も片手で掴みやすく、使いやすい土鍋です。
炒め・焼き・煮込みのほか、盛り皿として食卓に映えるデザインなので、
ぜひ鍋のまま食卓に並べ、取り分けてお楽しみください。
こどもの日のごちそうにもいかがでしょうか。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「伊賀土鍋 タジン」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 第2回『イガモノ食堂』を開催いたしました。 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | タジンの定番、無水鍋「鶏ともやしのタジン鍋」 >>

このページの先頭へ