長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

おろし大根をたっぷり添えて「鯛しゃぶ」


旬を迎えた新鮮な鯛のごちそう、鯛しゃぶをご紹介します。
広くて浅い
「浅型鍋」はしゃぶしゃぶに最適のお鍋です。
どうぞ「浅型鍋」をご用意ください。

<使用土鍋>
大道正男「鉢鍋 黒」

<材料>4人分
□ お刺身用の鯛 1〜2さく(200g)
□ 春菊 1束
□ 長ねぎ 2〜3本
□ 大根 1/2〜1本
□ ポン酢 適量

【だし】
□ 水 6カップ
□ だし昆布 30g
□ 酒 100ml
□ 塩 小さじ1

<作り方>
1.【だし】を作る。土鍋に水と昆布を入れ、ふたをして弱火にかける。
 時間をかけて沸騰直前まで、ゆっくり昆布を煮出す。
 鍋底がふつふつと沸き、湯気が立ち上ってきたら昆布を引き上げ、
 火加減を強火にして酒・塩を加え、沸騰したら火を止める。
2. 鯛は斜め薄切り(約5mm厚)にして、大皿に美しく盛りつける。
 春菊はざく切りに、長ねぎは厚さ1cmの斜め輪切りにする。
 大根はすりおろし、鉢などにたっぷり盛って準備する。
 → 大根の皮は「山うど・大根の皮きんぴら」でいただきます。
3. 卓上にカセットコンロを準備し、1の鍋を火にかける。
 取り鉢にポン酢・たっぷりのおろし大根を入れる。
 よく沸いただしに野菜を入れ、鯛をさっとくぐらせていただく。

陶板にもなる「鉢鍋」は大きく華やかなデザインで、おもてなしに最適。
鍋料理の他にもステーキなど焼きものを楽しんだり、盛り鉢にしたり、
一器多様にお使いいただけます。
鯛は、あれば天然物をお選びください。身の弾力が違います。
大根おろしはたっぷりと。ポン酢がほどよく絡み、さっぱりといただけます。

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「鉢鍋 黒」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 鯛しゃぶのあとに、ひと手間加えて「シメの煮麺」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 残った皮も使い切る「山うど・大根の皮きんぴら」 >>

このページの先頭へ