長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

食卓で春を愉しむ「桜ごはん」


桜の塩漬けを使って、春ならではのごはんをいただきましょう。
どうぞ「IHかまどさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「IHかまどさん」3合炊き
※「かまどさん」「陶珍かまど」をご使用の場合は、水量を20〜30ml減らし、
 「かまどさん」は直火で・「陶珍かまど」は電子レンジで調理してください。

<材料>
□ 白米 3合
□ 桜の塩漬け 6〜8個
□ 水 620ml
□ 梅酢 小さじ1半

<作り方>
1. 桜の塩漬けを水に浸し、塩抜きをする(約10分)。
 花が開いたら取り出して水気を絞り(花を戻した水は後で使うので捨てない)、
 茎と花びらを切り離す。
 茎は食感が良くなるよう、細かく刻む。米は研いで水切りする。
2.「IHかまどさん」に米・1の水・梅酢・桜の茎を入れて軽く混ぜ、
 20分以上浸す。
3. IH(電磁調理器)に外釜・内釜・中ふた・上ふたをセットし、
 強で13〜14分加熱し、そのまま20分蒸らす。
4. ふたを開けて花びらをちぎって加え、全体をさっくりと混ぜる。

 詳しい炊き方を動画でご覧いただけます。→ 長谷園紹介動画「IHかまどさん」
 ※読み込みに時間がかかる場合がございます。

桜の塩漬けと梅酢の塩で味が決まります。
どちらも塩の強さはものによって違いますので、お好みで加減してください。
ほんのりと色づいた、風味豊かなごはんをお楽しみください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「IHかまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 旬の食材で、春のホームパーティー | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | タジンで手軽に「春の蒸し野菜」 >>

このページの先頭へ