長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

お好きな切り身でいつもと違うおかずを「つけ燻し」

ふだんの照り焼き・つけ焼きをスモークすると
いつもと違った風味が楽しめるおかずになります。
おもてなし・おつまみにもぴったりの一品です。
どうぞ「いぶしぎん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「いぶしぎん」小

<その他の道具など>
チップ 5g(ひとつまみ程度)
アルミホイル(10cm角サイズ1枚)

<材料> 4人分
□ 魚の切り身(鯛・さわら・鰹・ブリなど) 200g
□ しょうゆ 大さじ2
□ みりん 大さじ2
□ 黒胡椒 少々
□ キャベツ(あれば春キャベツ) 適量
□ レモン 1/2個

<作り方>
1. しょうゆ・みりんを混ぜ、切り身をつけ込む。
 1時間〜1晩(途中1回返す)冷蔵庫におき、味を馴染ませる。
 取り出してキッチンペーパーなどで水気をよく拭き取り、一口大に切る。
 キャベツは千切りに、レモンはくし形に切る。
2.「いぶしぎん」の底に10cm角のアルミホイルを敷き、チップを広げる。
 下の段の網をセットし、切り身を並べる。上の段も同様にする(写真1)。
3. コンロに「いぶしぎん」を水平にセットし、ふたをしないで強火にかける。
 7〜8分後、煙が出ていることを確認したらふたをする。
 さらに約2分熱し、溝に水を差して火を止める。
 ※途中、ふたの淵から煙が出てきたら溝に水を注いでください。
  溝に水を差すことで密閉させ、煙を外に逃がしません。
  ウォーターシールの効果で外気を遮断し煙を閉じこめるため、
  少量のチップで釜全体を燻すことができます。
  容器が冷却に入ったときも外気を遮断し、
  中の煙を薄めることなく閉じこめます。

 そのままの状態で15〜20分おき、余熱調理する。
4. ふたを開け(写真2)、キャベツ・レモンと共に皿に盛りつけていただく。
 黒胡椒をふり、お好みでレモンをしぼって。

切り身は大きめの一口大に。燻すと少し縮みます。
黒胡椒が意外に合います。ぜひお試しください。
ふだんのおかずにも「いぶしぎん」を活用して、バラエティー豊かな食卓を
お楽しみください。

「いぶしぎん」の詳しい使い方は、
こちらの動画を参考にしてください。→ 長谷園紹介動画「いぶしぎん」

※読み込みに時間がかかる場合がございます。

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「いぶしぎん」

レシピ募集フォームリンクバナー
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< タジンで手軽に「春の蒸し野菜」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 春の食卓を彩る器 >>

このページの先頭へ