長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

アツアツ!「韓国風おやきホットク」


韓国の屋台で人気のおやつ、ホットク。
「ふっくらさん」を使って、卓上で焼きたてをお楽しみください。
どうぞ「ふっくらさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「ふっくらさん 大・中・小」

<材料> 4個分
【A】
□ 薄力粉 100g
□ もち粉 50g
□ ドライイースト 3g
□ 砂糖 3g
□ 塩 3g
□ 牛乳 100ml

【B】
□ 黒糖 35g
□ くるみ(細かく刻む) 20g
□ 干しぶどう(細かく刻む) 20g
□ バター(溶かす) 20g
□ シナモン 小さじ1/2
□ 塩 1つまみ

□ 油 大さじ1〜2

<作り方>
1 【A】を大きめのボウルで合わせ、生地が1つになるようにこねる。
  ベタつくようなら薄力粉を少しずつ足し、手に付かない程度の固さにする。
  全体がなめらかになるまで7分ほどこね、ぬれふきん・ラップをかける。
  そのまま2倍の大きさに膨らむまで、約1時間寝かせる。

2 【B】をボウルなどで合わせてよく混ぜる(写真1)。
  冷蔵庫に10分ほど入れて軽く固め、4等分する。
  1も4等分して手のひらで平らに広げ、【B】を1つずつ包み、約10分休ませる。

3 「ふっくらさん」を中火にかけて2分予熱し、火を止めて1分おき、
  全体に熱をなじませる。弱火にかけて油をひき、2を並べる。
  ヘラなどでぎゅっと押しつけて平らにし、ふたをして焦げ目が付くまで
  2〜3分蒸し焼きにする。裏面も同様に焼く(写真2)。

※調理中・調理直後の「ふっくらさん」は大変熱くなっておりますので、
 やけどにご注意ください。

焼きたては黒糖が溶けてアツアツなので、やけどに注意してください!
生地の膨らみに掛かる時間は季節によって異なります。
夏は短め、冬は長めに寝かせてください。

※このレシピは「伊賀土鍋 タジン」「陶珍菜(
直火&電子レンジ対応)」でも
 作ることができます。付属の「陶製すのこ」を使用してください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「ふっくらさん」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 土鍋でじっくり蒸し炒め「きのこ汁」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 旨みたっぷり、ピリ辛鍋「きのこと海鮮の豆腐チゲ」 >>

このページの先頭へ