長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

煮炊きもお任せ!「みそ汁鍋」


当webレシピでお馴染みの「みそ汁鍋」はみそ汁だけでなく、
煮炊きをホクホクに仕上げてくれる土鍋として大人気です!
                   
煮炊きが美味しく出来るヒミツは、土鍋の「丸み」と「厚み」にあります。
丸い底部は炎を自然に受け止め、さらに丸い形状が煮込みの対流を促し、
熱をムラなく食材に伝えます。
また、肉厚に成形した「伊賀の粗土」がしっかり蓄熱し、
食材にゆっくりじっくり熱を伝えます。

そしてもうひとつのヒミツは
遠赤外線とマイナスイオンの相乗効果!
土鍋の持つ遠赤外線と、土鍋に施した釉薬のマイナスイオンが作用し
具材の芯まで旨みが浸透し、塩分をまろやかに仕上げてくれるのです。
                   
「みそ汁鍋」は、“美味しいご飯を炊く”ための「かまどさん」が商品化された後、
その相棒として“美味しいみそ汁”をいただく素敵な土鍋を作ろう!
ということから始まりました。だからネーミングは「みそ汁鍋」。
保温力が高く温め直しなしがいらないので味噌の風味を損なわず、
家族みんなが温かいまま食卓で取り分けていただけます。                   

「みそ汁鍋」という名前がついていますが、煮炊きなら何でもOK!
肉厚成形なので蓄熱力を利用することがポイントで、
じっくり味を浸み込ませたい肉じゃがや煮物にも最適です。   
沸騰する直前に火を止め、あとは土鍋力にお任せ!
70〜80度を長く保つことが出来るので、味がしっかり浸み込み
煮崩れもしにくいのです。   

温かく美味しい食事は家族を「笑顔」にしてくれます。
そんなだんらんのひとときを是非土鍋を囲んでお楽しみください。

<ご紹介した製品はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 土鍋の保温力を活用!「ローストビーフ」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | こんがり、ほくほく「つくねと根野菜焼き」 >>

このページの先頭へ