長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

鶏のだしで作る「塩おでん」


肉厚土鍋で丁寧に取った鶏のだしと、塩だけで作るおでんです。
早煮え食材を使ってさっと煮るだけ!
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料> 4人分
【鶏のだし】
□ 鶏胸肉 2枚(約500g)
□ だし昆布 10g
□ しょうがの薄切り 2〜3枚
□ 水 1リットル

□ 塩 小さじ2
□ ミディトマト 4個
□ 椎茸 4個
□ ほうれん草(小ぶりのもの) 4株
□ 厚揚げ 100g

<作り方>
1 「みそ汁鍋」に昆布・しょうが・さっと洗った鶏肉・水を入れ(写真1)、
  ふたをして弱火にかける(写真2)。
  そのまま30分煮込み、沸騰直前に昆布を引き上げる。
  さらに30分、丁寧にあくを取りながら煮込む。
  ※緩やかな沸騰を保つよう、火加減はごく弱火に。ふたを少しずらしてもOK。

2 煮込む間に食材の準備をする(写真3)。
  トマトは湯むきし、椎茸は石づきを落とす。厚揚げは4つに切る。
  ほうれん草はよく洗い、根を落とす。

3 1から鶏肉としょうがを取り出し、最後にもう一度あくを取り除く。
  塩を加え、火加減を中強火にしてだしを沸かす。
  取り出した鶏肉は約1.5cm幅に切っておく。

4 2のだしが沸騰したら、2のトマト・椎茸・厚揚げを加え、ふたをする。
  再度沸騰したら火を止め、3の鶏肉・2のほうれん草を加えて(写真4)
  ふたをする。そのまま10分蒸らし、取り分けていただく。

煮込み過ぎると食材の風味が落ちますので、できたらすぐにいただきます。
煮汁にトマトを崩し混ぜていただくと、また違った風味が楽しめます。
早煮え食材を使った「煮込まないおでん」、ぜひお試しください!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 我が家で楽しむ「手作りベーコン」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 手のひらサイズの土鍋を便利に使う! >>

このページの先頭へ