長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

鶏のだしで作る「かぶのポタージュ」


「鶏のだし」活用レシピ第二弾。
かぶを使った美味しいポタージュスープです。
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料>
【鶏のだし】※出来ただし500mlを使います
□ 鶏胸肉 2枚(約500g)
□ だし昆布 10g
□ しょうがの薄切り 2〜3枚
□ 水 1リットル

□ 塩 大さじ1弱
□ かぶの実 3個(300〜350g)
□ かぶの葉 150g
□ じゃがいも 2個(300〜350g)
□ 玉ねぎ 小1個(150g)
□ 芽キャベツ 適宜
□ 牛乳 600ml
□ 太白ごま油(またはオリーブオイル) 少々
□ 黒こしょう 少々

<作り方>
1 「みそ汁鍋」に昆布・しょうが・さっと洗った鶏肉・水を入れ(写真1)、
  ふたをして弱火にかける(写真2)。
  そのまま30分煮込み、沸騰直前に昆布を引き上げる。
  さらに30分、丁寧にあくを取りながら煮込む。
  ※緩やかな沸騰を保つよう、火加減はごく弱火に。
   ふたを少しずらしてもOK。

2 煮込む間に食材の準備をする。
  かぶの実は洗って半分に切り、1cm厚に切る。
  じゃがいもも同様に切り、水に浸けておく。玉ねぎは薄切りにする。
  かぶの葉はさっと塩ゆで(約1分)し、みじん切りにする。
  芽キャベツは半分に切り、やわらかく塩ゆで(約2分)しておく。

3 1の「みそ汁鍋」の中身を全て取り出し、
  油・玉ねぎを入れて中強火にかける。
  鍋から音がしてきたら弱火にし、しんなりするまで炒める。
  かぶの実・じゃがいもを加え、ざっと混ぜて(写真3)ふたをし、
  時々混ぜながら蒸し炒めにする。
  材料にほとんど熱が入ったらかぶの葉を加え(写真4)、さらに炒める。

4 3に鶏のだしを500ml加え(写真5)、
  沸騰するまで中強火・沸騰したら弱火で約15分煮込む。
  火を止め、そのまま冷ます(写真6)。

5 ミキサーやバーミックスでなめらかにした4(写真7)に牛乳を加え、
  塩で味をととのえる。温めて器に注ぎ、2の芽キャベツをのせ、
  お好みで黒こしょうをふる。

だしを取った鶏肉は、残っただしに塩を加えて一緒に冷蔵庫で保存すれば
2日ぐらいもちます。サラダのトッピングや棒々鶏など、いろいろなお料理に
ご活用ください。
こちらのレシピも参考にしてください。 → 
鶏のだしで作る「塩おでん」

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 手のひらサイズの土鍋を便利に使う! | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 芯まで柔らか!「キャベツ丸ごとロースト」 >>

このページの先頭へ