長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

かまどさんで作る「鶏手羽中と竹の子の煮込み」


骨から身がポロッとはずれる、手羽中の煮込み。
「かまどさん」なら短時間の加熱でも美味しく仕上がります。
どうぞ「かまどさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「かまどさん」3合炊き

<材料>
□ 鶏手羽中 10〜12本(約500g)
□ 竹の子 1本(皮をむいて、賞味量300〜400g)
□ にんにく 1〜2かけ
□ クレソン 1束 ※旬の青菜で代用してもOKです。

【A】
□ しょうゆ 大さじ3
□ みりん 大さじ3
□ 酒 大さじ3
□ 水 大さじ3
□ 五香粉 少々

竹の子の下ゆでは
こちらをご参照ください → 「重曹を使って竹の子の下ゆで」

<作り方>
1 鶏肉はさっと洗い、水気をきる。
  竹の子は鶏肉と同じぐらい〜少し小さいくらいの大きさに切る。
  にんにくは包丁を当てて押しつぶす。クレソンはざく切りにする。

2 「かまどさん」に1の鶏肉・竹の子・にんにくを入れ、
  【A】を加えて中ふた・上ふたをする。
  中火で20分加熱し、火を止めて約30分余熱調理する。
  ※一度完全に冷ますとより味が馴染みます。

3 1のクレソンを加えてふたをし、少し蒸らす。
  全体を混ぜていただく。
  ※冷めた場合は温め直してからクレソンを加えてください。

鶏肉に旬の野菜を組み合わせて作る煮込み料理です。
じゃがいもや大根など、いろいろな食材でお試しください。
豚の角煮も同様に作ることができます。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 春を感じる「桜海老と竹の子の炊き込みごはん」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | とにかく簡単!「重曹を使って竹の子の下ゆで」 >>

このページの先頭へ