長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

春を感じる「桜海老と竹の子の炊き込みごはん」


竹の子をシンプルに鰹だしで炊き込み、桜海老を混ぜ込みました。
さらに青海苔をふり、春らしさを感じさせてくれる一品です。
どうぞ「かまどさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「かまどさん」3合炊き

<材料>
□ 白米 3合
□ 竹の子 150g
□ 釜揚げ桜海老 50〜70g
□ 青海苔 適宜
□ だし汁 560ml
□ しょうゆ 小さじ2
□ 塩 小さじ1

竹の子の下ゆでは
こちらをご参照ください → 「重曹を使って竹の子の下ゆで」

だし汁は
こちらをご参照ください → 「季節のお味噌汁」

<作り方>
1 米は研いで水をきる。竹の子は約5mm角に切る。

2 「かまどさん」に1の米とだし汁を入れ、20分浸水させる。
  浸水が終わったらしょうゆ・塩を加えて軽く混ぜ、
  米の上に竹の子をのせて(写真1)中ふた・上ふたをセットする。

3 2の「かまどさん」を中強火に約13分かけ、火を止める(ふたの穴から
  蒸気が勢いよく出て1分が目安)。
  一度ふたを開けて桜海老を加え(写真2)、すぐにまた中ふた・上ふたを
  して20分蒸らす。蒸らし終わったらふたを開けて全体をさっくりと混ぜ、
  飯碗によそい、青海苔をふっていただく。

 詳しい炊き方を動画でご覧いただけます。→ 長谷園紹介動画「かまどさん」
 ※読み込みに時間がかかる場合がございます。

春の風味をたっぷりと混ぜ込んだ、シンプルな炊き込みご飯です。
混ぜるときは桜海老がつぶれないように、さっくりと混ぜてください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 丸ごと煮込む「新たまねぎのスープ」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | かまどさんで作る「鶏手羽中と竹の子の煮込み」 >>

このページの先頭へ