長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

野菜たっぷり!「サラダ仕立ての冷や奴」


土鍋に水を含ませれば、気化熱を利用して
冷たい食材を冷たく保つ器として使うことができます。
どうぞ「陶珍菜」をご用意ください。


<使用土鍋>
「陶珍菜」「陶珍菜(直火&電子レンジ対応)」「蒸し焼き陶珍菜」
※このレシピは温めないレシピです。
※「陶珍菜」の他「ふっくらさん」「伊賀土鍋 タジン」でも作ることができます。
 冷たい器としてなら、普通の土鍋でも代用可能です。

<材料>
□ 木綿豆腐 1/2丁 
□ 生ハム 適宜
□ きゅうり・レタス・トマトなど
  お好みの野菜 適宜

【ドレッシング】※作りやすい分量
□ 人参(すりおろす) 1/3本
□ 玉ねぎ(すりおろす) 1/4個
□ 白ワインビネガー(なければ酢) 大さじ1
□ オリーブオイル 大さじ1
□ 塩 小さじ1/2
□ 砂糖 小さじ1/2
□ にんにくのすりおろし 少々

<作り方>
1 「陶珍菜」に陶製すのこをセットし、さいの目に切った豆腐を並べる(写真1)。
  ふたをして冷蔵庫に入れ、2時間ほど置いて水切りする。
  ※作る前の晩にこの行程をしておくとスムーズです。

2 野菜・生ハムは食べやすく切る。
  【ドレッシング】の材料を合わせ、よく混ぜる。
  ※【ドレッシング】はホットソースとして加熱しても美味です。
   レシピはこちら→
「鶏串蒸しホットドレッシング」

3 1の「陶珍菜」から豆腐を取り出す。
  「陶珍菜」に残った豆腐の水を捨ててさっと洗って水気を拭き、
  食材を盛りつけてふたをし、食卓に並べる。
  いただく直前に【ドレッシング】を適量かけ、よく混ぜていただく。

< 冷たい食材盛り付けのポイント >
本体とふたに十分水を含ませ(約1分)、できれば氷を入れて土鍋を冷やし、
水気をさっと拭いて食材を盛り付けてください。
気化熱の効果で土鍋の中がひんやりするので、
中の食材も冷たいまま召し上がれます。
サラダの他、フルーツや素麺・お刺身など、
いろいろな冷たいお料理の器に土鍋をご活用ください。

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「陶珍菜」「陶珍菜(直火&電子レンジ対応)」
「蒸し焼き陶珍菜」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< ジューシー!「鶏串蒸しホットドレッシング」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 「ヘルシー蒸し鍋」を二段活用。 >>

このページの先頭へ