長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

だしも食材もシンプルな「常夜鍋」


具はほうれん草と豚肉、それにねぎと豆腐だけ。
シンプルですが、食材がキリッと際立つ美味しいお鍋です。
どうぞ「浅型鍋」をご用意ください。

<使用土鍋>
大道正男「鉢鍋 黒」
※その他、どんな土鍋でも作れます。

<材料>4人分
□ 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 300〜400g
□ ほうれん草 1束
□ 長ねぎ 2本
□ 豆腐 1丁
□ だし汁(鰹だし) 1〜2L
□ 日本酒 200〜400mL
□ 塩 小さじ1〜2
□ 柚子胡椒 適宜

<作り方>
1 ほうれん草は根元をよく洗って掃除し、ざく切りにする。
  長ねぎは斜め薄切りにする。豆腐は食べやすい大きさに切る。
  だし汁は多めに取っておく。

2 土鍋の8分目までだし汁を張り、塩を加えて火にかける。
  ※だし汁1Lに対して塩は小さじ1が目安です。味をみて加減してください。
  だし汁が沸騰したら酒200mLと食材を加え、さっと煮る。
  お好みで柚子胡椒を添えていただく。
  ※水量が減ってきたらだし汁・酒・塩を加えて調整してください。

だし汁は即席のものを使わず、ぜひ鰹節からとってください。
シンプルなお鍋だからこそ、素材の味が際立ちます。
水1Lに対して30gの鰹節を用意し、鍋に水を入れて火にかけます。
沸騰したら鰹節を加えて火を止め、約2分おいて鰹節を引き上げ、完成です。
鍋をする土鍋で作れば後片付けもいりません。



<材料>4人分
□ 市販の揚げ麺(あれば麺が太めのもの) 2玉
□ レモン 1/2個

<作り方>
1 「常夜鍋」の後のだし汁を沸騰させ、
  揚げ麺を加えてふたをする。

2 2〜3分煮込み、皮を除いて輪切りにしたレモンを加えて火を止める。
  取り分けていただく。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
大道正男「鉢鍋 黒」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 20分漬けて完成「長芋と香菜の醤油漬け」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | [ 食卓で囲む鍋とつまみ ]2011年11月の食卓 >>

このページの先頭へ