長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

白身魚と昆布だしが主役「ちり鍋」


ちり鍋とは、白身魚が主役のシンプルな水炊きのこと。
昆布を贅沢に使い、だしの旨みを存分に楽しみます。
どうぞ「伊賀土鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「伊賀土鍋」容量が2000mL前後のもの
※このレシピはどんな土鍋でも作ることができます。

<材料>4人分
□ たらやアンコウなど、白身魚(あらも含む) 400g
□ だし昆布 30〜40g
□ 絹豆腐 1/2丁(150〜200g)
□ 長ねぎ 1本
□ 春菊 適宜
□ ポン酢 適宜

<作り方>
1 白身魚は全体に塩(分量外)をふって10分ほどおき、
  熱湯を回し掛けてさっと水洗いする(写真1)。
  豆腐は食べやすい大きさに切る。
  長ねぎは約4cm長さに、春菊はざく切りにする。

2 昆布は土鍋に入る大きさに切り、水洗いする。
  土鍋に昆布をしき、土鍋の半分まで水を注いで10分ほどおく。

3 2に春菊以外の1の食材を入れ(写真2)、ふたをして火にかける。
  沸騰後、1〜2分煮たら春菊を加え、
  だしで薄めたポン酢につけながらいただく。
  
昆布の旨みがたっぷりしみ出ただしは、塩味がなくても十分に美味です。
お好みの食材で、ご家庭ごとの味をお楽しみください。
鍋の後の昆布は水洗いし、千切りにして鰹だしでさっと煮たり、
角切りにして佃煮にすると美味しくいただけます。

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「伊賀土鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 旨い!簡単!「白菜と豚のチーズ鍋」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 野菜もたっぷり!「肉だんごのビール煮込みタジン」 >>

このページの先頭へ