長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

recipeバトン 13. スモークチキンのグリル


長谷園のお気に入り土鍋・調理器を使ったご自慢レシピ。
第13回のバトンを受け取ったのは、
長谷園カスタマーサービス担当の西岡有美です。

彼女はお電話・メール・ハガキ等で
商品についてのご質問・お問い合わせをお受けしております。
自分たちがどんどん土鍋を使うことでお伝えできることがあると、
彼女も日々土鍋を使い込む一人です。

そんな彼女のお気に入りの土鍋は「いぶしぎん」。
西岡家で好評の土鍋の一つで、特にご主人が大ファンなのだとか!
この土鍋が食卓に出てきた日は、楽しそうに土鍋の面倒をみてくれるそうです。

30分でしっかりと香りがつき、出来立て温かスモークが楽しめ、
しかもありきたりの食材でも本格的で美味しい燻製が
手軽に楽しめるところが「いぶしぎん」の嬉しいところ。
おかずにもおつまみにもなるので、ぜひいろんな食材で楽しんでください。

今回は燻製を更にグリルで焼く「スモークチキンのグリル」をご紹介します。
燻製するだけでも十分美味ですが、もう一度グリルで焼くひと手間で
香ばしさが増します。


<西岡有美のお気に入り調理器>
「いぶしぎん」… 土鍋について詳しくはこちらから

<お気に入りの理由>
「いぶしぎん」が登場すると普段の食卓もレジャー感がプラスされ、
食卓を囲む雰囲気をより楽しく演出してくれます。
出来上がりのふたを開ける瞬間は家族みんなのテンションが上がります!

<材料>
□ 鶏モモ肉 1枚
□ レモン    適量
       
【漬けタレ】
□ 塩麹 大さじ 2〜3
□ にんにく(すりおろし) 1片分
□ しょうが(すりおろし) 1片分
□ しょうゆ 小さじ1

<作り方>
1 【漬けタレ】をよく混ぜ合わせ、鶏肉にもみ込み
  1時間以上おいて味をなじませる。

2 肉に付いている塩麹をキッチンペーパーなどで拭き取り、
  いぶしぎんにセットして基本の使い方通りに調理する。

3 燻し上がった鶏肉をグリルで焼き、
  焦げ目をつけていただく。

<一言コメント>
「いぶしぎん」は空焚きができて蓄熱力が高いので、
燻製以外に焼き芋やかぼちゃのローストも
美味しくできるところが気に入っています。
[西岡有美

次回のrecipeバトンは誰に渡されるのでしょう?
みなさま、お楽しみに!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「いぶしぎん」

レシピ募集フォームリンクバナー
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 余熱で簡単調理「コーンスープ」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 炒めて煮込むコクうま鍋「キムチ鍋」 >>

このページの先頭へ