長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

recipeバトン 14. キムチ肉じゃが


長谷園のお気に入り土鍋・調理器を使ったご自慢レシピ。
第14回のバトンを受け取ったのは、
長谷園営業担当の中森知子です。

勤続年数40数年、長谷園を見守ってきた彼女は
もちろん土鍋使いのスペシャリスト。
土鍋を調理道具として使うほか、インテリアとして捉え
お花を生けたりと、土鍋の概念にとらわれず
日常の生活の中で楽しんでいます。

いろんな土鍋がある中で、
彼女がおすすめする土鍋は「みそ汁鍋」。
今回のレシピは炒めてから煮込む、
キムチをたっぷり使った「キムチ肉じゃが」。
中森家の定番料理で、お休みの日にたくさん作って
ご近所にもお裾分けするそう。


<中森知子のお気に入り土鍋>
「みそ汁鍋」… 土鍋について詳しくはこちらから

<お気に入りの理由>
「みそ汁鍋」は肉厚で空焚きができるので
炒め物など多用途に使えます。
蓄熱力もあるので、火を切ったあとの余熱で
食材をじっくりと美味しく仕上げてくれます。

<材料>
□ 牛肉(焼肉用) 150g
□ 豚肉(生姜焼用) 150g
□ じゃがいも(中) 4個
□ 玉葱     1個
□ ごま油    大さじ1
□ 白菜キムチ 200g
□ 醬油 小さじ1
□ 塩麹(肉の漬込み用) 大さじ3
□ 塩麹(煮込み用) 大さじ1
□ 粉唐辛子 適量
□ 白炒ごま 適量
□ 刻み青ネギ 適量
   
【A】
□ 鶏がらスープの素 小さじ1
□ 砂糖 大さじ1
□ 水 300mL

<作り方>
1 牛肉・豚肉は食べやすい大きさに切り、半日以上塩麹に漬ける。

2 じゃがいもはやや大きめの乱切りにし、水にさらす(約20分)。
  玉葱はくし型の8つ切りにする。

3 みそ汁鍋にごま油を熱し、中火で塩麹ごと肉を炒め、
  肉に火が通ったら2を加えさっと混ぜ、全体をなじませる。

4 3に【A】を加え、ふたをして強火にかける。
  沸騰したらすぐに弱火にしてアクをとる(吹きこぼれに注意)。

5 塩麹・白菜キムチ・醬油を加え、軽く混ぜて弱火で10分煮る。
  火を止めて余熱で約15分蒸らし、仕上げる。
  ※じゃがいもが少々固めのときに火を止めるのがポイントです。
  好みで粉唐辛子で辛味の調整をし、ごま油少々(分量外)をたらす。

6 器に盛り、白炒りごまと刻みねぎをかけていただく。

<一言コメント>
食欲のない時や、品数を作る時間のないときにおすすめです!
「キムチ肉じゃが」のだし汁が残っているようだったら、
お湯・豆腐・ネギを加えてもう一品お楽しみください。
[中森知子

次回のrecipeバトンは誰に渡されるのでしょう?
みなさま、お楽しみに!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 旨みたっぷり「鯛のアラ汁」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | お祝いにもぴったり「菜の花のちらしずし」 >>

このページの先頭へ