長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

お祝いにもぴったり「菜の花のちらしずし」


酢飯の味付けで米を炊き上げ、
季節の具を組み合わせた華やかなちらしずしです。
どうぞ「かまどさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「かまどさん」3合炊き

<材料>
□ 白米 2合
□ 菜の花 1束
□ 無頭えび 5〜6尾(約100g)
□ 卵 2個
□ だし昆布 3g
□ イクラ(醬油漬) 適量

【A】
□ 米酢 40mL
□ 砂糖 40g
□ 塩 小さじ1
□ 水 360mL

【B】
□ だし汁 200mL
□ 砂糖 大さじ1
□ 薄口醤油 大さじ1

【C】
□ 砂糖 大さじ1
□ 塩 ひとつまみ

<作り方>
1 【A】を合わせ、砂糖が溶けるまでよく混ぜる。
  研いで水気をきった米・だし昆布・【A】を「かまどさん」に入れ、
  中ふた・上ふたをセットして20分浸水する。
  中強火で約10分炊き(ふたの穴から蒸気が勢いよく出て1分が目安)、
  火を止めて30分蒸らす。
  ※加熱し過ぎるとお焦げができます。

2 菜の花は1.5〜2cm幅のざく切りにする。えびは殻をむき、背わたを除く。
  小鍋などに【B】を入れて火にかけ、沸騰したらえびをさっとゆでる。
  火が通ったら取り出し、続けて菜の花をさっと煮る。
  茎の部分が柔らかくなったらざるなどにあげて冷まし、汁気をきる。
  えびは半分に開くように切る。

3 卵・【C】をボウルなどに合わせてよく溶きほぐす。
  フライパンに油(分量外)をひき、3回ほどに分けて薄焼き卵を作る。
  冷めたら細く切り、錦糸卵にする。

4 1が炊けたらだし昆布を除き、ざっと混ぜてあら熱を取る。
  2の菜の花の半量(汁気を絞る)を加えて混ぜ、器に盛って
  上にえび・錦糸卵・残りの菜の花・イクラを彩りよく並べる。

 詳しい炊き方を動画でご覧いただけます。→ 長谷園紹介動画「かまどさん」
 ※読み込みに時間がかかる場合がございます。

味付けをして炊き上げる酢飯なので、簡単で失敗がありません。
少しお焦げができても美味しく仕上がります。お試しください!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< recipeバトン 14. キムチ肉じゃが | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | アツアツをそのまま食卓に「陶板グリル」 >>

このページの先頭へ