長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

recipeバトン 16. 鶏肉と小松菜のスープ


長谷園のお気に入り土鍋・調理器を使ったご自慢レシピ。
第16回のバトンを受け取ったのは、
長谷園イガモノ東京店スタッフ宮寺昌子です。

イガモノ東京店のオープニングスタッフだった彼女は
ご主人の転勤で一旦イガモノを離れましたが
ご縁があり、再び帰ってきました!
   
お料理が得意な彼女は一児の母。
毎日「かまどさん」で発芽玄米を炊き、
「みそ汁鍋」でスープを作っています。
今回ご紹介するのはお気に入りのスープレシピ
「鶏肉と小松菜のスープ」です。

セロリが入りますが子どもにも大好評だそうです。
栄養も満点ですのでぜひお試しください。

<宮寺昌子のお気に入り土鍋>
「みそ汁鍋」… 土鍋について詳しくはこちらから

<お気に入りの理由>
「みそ汁鍋」はやっぱり炒められるところが気にいっています。
名前が「みそ汁鍋」なので、お味噌汁のイメージがあると思いますが、
煮物やスープなどが本当にやさしい味に仕上がりますので
ぜひいろんなお料理に使っていただきたいです。

■ 鶏肉と小松菜のスープ
<材料>(4人分)
□ 鶏もも肉 1枚
□ 小松菜 1束
□ しいたけ 6枚
□ 薄力粉 適量
□ サラダ油 大さじ4
□ 水 1000mL
□ コンソメスープの素 1個
□ ナンプラー 20mL
【A】
□ セロリ(すりおろす) 1/4本
□ にんにく(すりおろす) 1片
□ しょうゆ 大さじ2
□ はちみつ 大さじ2

<作り方>
1 鶏肉は一口大に切り、よく混ぜた【A】に10分浸ける。
  小松菜は茎と葉に分け、それぞれ3等分する。   
  しいたけはかさと軸に分け、ともに薄切りにする。   
   
2 鶏肉の汁気をきり(つけ汁はとっておく)薄力粉をまぶす。
  「みそ汁鍋」に油を熱し、鶏肉の両面をこんがり焼いて取り出す。
  小松菜の茎としいたけの軸を炒め、しんなりしてきたらふたをし、
  ごく弱火で10分蒸し炒めする(焦げないよう時々混ぜる)。   
   
3 2に水・しいたけのかさを加え、沸騰したらコンソメ・ナンプラー・
  鶏肉のつけ汁を加えて弱火で5分煮込む。   
   
4 鶏肉を戻し入れて火を止め、そのまま5分余熱で煮込む。
  最後に小松菜の葉を入れ、しんなりしたら出来上がり。

<一言コメント>
薄力粉をつけた鶏肉が焦げやすいので注意してください。
小松菜の変わりに香菜でも美味しいです。
[宮寺昌子

次回のrecipeバトンは誰に渡されるのでしょう?
みなさま、お楽しみに!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 春ごはん「空豆としらすの炊き込みごはん」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 旬の魚を使って「燻製のオイル漬け」 >>

このページの先頭へ