長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

旬の魚を使って「燻製のオイル漬け」


爽やかなこの季節、お部屋で軽く干した旬の魚を使って
シンプルな燻製料理を作りませんか。
どうぞ「いぶしぎん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「いぶしぎん」

<その他の道具など>
チップ 5g(ひとつまみ程度)
アルミホイル(10cm角サイズに切っておきます) 2枚

<材料> 
□ 白身魚(鯛など)の切り身 約200g
□ 塩 適量
□ 黒こしょう 適量
□ オリーブオイル 適量
□ たかのつめ 1〜2個

<作り方>
1 切り身は食べやすい大きさに切り、両面に塩をする。
  網やざるに並べ、風通しの良い窓際(日陰)に置き、
  途中で一度返しながら約2時間干す(写真1)。

2 「いぶしぎん」の底に10cm角にしたアルミホイルを敷いてチップを広げ、
  さらにチップにアルミホイルをかぶせて汁受けにする。
  下の段の網をセットし、1にしっかりこしょうをふって並べる。
  上の段の網も同様にする(写真2)。

3 コンロに「いぶしぎん」を水平にセットし、ふたをしないで強火にかける。
  7〜8分後、煙が出ていることを確認したらふたをする。
  さらに2〜3分熱し、溝に水を差して火を止める。
  ※ふたの淵から煙が出てきたら溝に水を注いでください。
   溝に水を差すことで密閉させ、煙を外に逃がしません。
   ウォーターシールの効果で外気を遮断し煙を閉じこめるため、
   少量のチップで釜全体を燻すことができます。

  そのままの状態で20分おき、余熱調理する。
  「いぶしぎん」は蓄熱力の高い伊賀焼のエコロジーな燻製器です。

4 ふたを開けて(写真3)そのまま冷まし、器に取り出す。
  切り身がひたひたになるまでオイルを注ぎ、たかのつめを加える(写真4)。
  ラップをしてそのまま一晩おく。
  ※おつまみはもちろん、サラダのトッピングなどにもおすすめです。
  ※残ったオイルはドレッシングやパスタなどに使えます。

自家製の燻製は格別の美味しさ!
旬の魚を使って、オールシーズンお楽しみいただけるレシピです。

「いぶしぎん」の詳しい使い方は、
こちらの動画を参考にしてください。→ 長谷園紹介動画「いぶしぎん」

※読み込みに時間がかかる場合がございます。

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「いぶしぎん」

レシピ募集フォームリンクバナー

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< recipeバトン 16. 鶏肉と小松菜のスープ | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 魚焼きグリルで作る「新じゃがのグリル」 >>

このページの先頭へ