長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

recipeバトン 21. 豆腐ごはん


長谷園のお気に入り土鍋・調理器を使ったご自慢レシピ。
第21回のバトンを受け取ったのは、塚田峻さん。
当サイト「長谷園の週刊webレシピ」のレシピ作成や
デザインを担当していただいている塚田綾さんが所属する
TAFDESIGNの社長さんであり、綾さんのご主人です。
TAFDESIGNさんは当サイトの他、カタログや小冊子、レシピ帳など
長谷園の想いを形にしてくださっています。
(みなさまもどこかで目にされたことがあるかもしれません。)
仕事も家事も協力し合う塚田家では、綾さんが台所に立てないときは
峻さんが調理担当をするそう!土鍋も活躍するのだとか。

今回はそんな塚田峻さんから「かまどさん」で炊く
「豆腐ごはん」を教えていただきました。
ぜひみなさまもお試しください!   

<塚田峻さんのお気に入り土鍋>
「かまどさん」… 土鍋について詳しくはこちらから

<お気に入りの理由>
男性には敷居が高そうな土鍋炊飯ですが、
「かまどさん」なら吹きこぼれ・火加減の調整がいらないので
電子炊飯器と変わらない感覚で使えます。

■ 豆腐ごはん
<材料>
□ 白米 2合
□ 木綿豆腐 150g
□ 油揚げ 1枚
□ 万能ねぎ(小口切り) 適量
【A】
□ 薄口しょうゆ 小さじ1
□ だし汁(かつおだし) 400mL
□ 塩 小さじ1/2
□ しょうが(千切り) 少々

<作り方>
1 油揚げは細かく切る。豆腐は水をきっておく。

2 米を研ぎ、水を切って「かまどさん」に移し、
 【A】を入れ軽くまぜて20分浸水させる。

3 油揚げ・豆腐(まるごと)をのせて中ふた・上ふたをセットし、
  中強火で約12分炊く(ふたの穴から蒸気が勢いよく出て1分が目安)。
  火を止めて20分蒸らす。

4 豆腐を崩しながら全体を混ぜて飯碗に盛り、ねぎを散らす。

<一言コメント>
簡単にできるのに通(?)っぽく、「おっ」と喜ばれる炊き込みごはんです。
健康的な感じもして、自分でも気に入っています!
[塚田峻

次回のrecipeバトンは誰に渡されるのでしょう?
みなさま、お楽しみに!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< ご馳走ごはん「ウニとキノコの炊き込みごはん」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 秋のお鍋「きのこ&肉団子鍋」 >>

このページの先頭へ