長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

豆乳タレが味の決め手「和風ピリ辛鍋」


鍋底が平らで浅型の「タジン鍋」を使い、
タレを温めながらいただく和風ピリ辛鍋を作りました。

どうぞ「伊賀土鍋 タジン」をご用意ください。

<使用土鍋>
「伊賀土鍋 タジン」大
タレを入れた耐熱器…「耐熱手付小鉢」

<材料> 4人分
□ 牛薄切り肉(切り落とし) 160g
□ 舞茸 1パック
□ えのき 1パック
□ しめじ 1パック
□ 春菊 1束
□ 長ねぎ 1本
□ 絹豆腐 1/2丁
□ だし汁(鰹) 750mL
□ 塩 小さじ1

【A】
□ 鶏(もも)挽肉 200g
□ 卵 1個
□ かたくり粉 小さじ2
□ 塩 小さじ1/2

【タレ】
□ 豆乳 100mL
□ だし汁 大さじ3
□ 白ごま 大さじ3
□ たかのつめ 3〜5本
□ 塩 小さじ1
□ しょうが(すりおろし) 少々

<作り方>
1 きのこ類は食べやすい大きさに割く。
  春菊はざく切りに、長ねぎは斜め切りにする。
  豆腐は食べやすい大きさに切る。

2 【A】の材料をよく混ぜ合わせ、器に入れてスプーンを添える(写真1)。
  【タレ】の材料もよく混ぜ合わせ、「耐熱手付小鉢」に入れる。
  ※「耐熱手付小鉢」は容量約250mLの耐熱器で代用できます。

3 「伊賀土鍋 タジン」にだし汁・塩・2の「耐熱手付小鉢」を入れ(写真2)、
  ふたをして中火にかける。沸騰したら2の【A】をスプーンですくいながら
  落とし入れ、その他の材料も適量入れてふたをする。

4 数分煮込んだらふたを開け、タレを適量ずつ取鉢に取り、
  煮えたところから取り分ける。食材を鍋に足しながらいただく。
  ※タレを取り分ける際にたかのつめ1かけも一緒に取鉢に取ると、
  ピリッと辛さが増します。

マイルドな辛さの和風ピリ辛鍋です。辛い方がお好みの場合は、煮汁にも
たかのつめを入れてください。
タレの量は「耐熱手付小鉢」一杯分です。人数が多い場合などは
多めに作っておくと良いです。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「伊賀土鍋 タジン」※生産終了いたしました
「耐熱手付小鉢」
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 卓上で蒸し料理を「根菜と牛肉の蒸し鍋」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | recipeバトン 23. あたたか野菜のパン粥スープ 卵のココットと温野菜添え >>

このページの先頭へ