長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

recipeバトン 28. ちりめん山椒


長谷園のお気に入り土鍋・調理器を使ったご自慢レシピ。
第28回のバトンを受け取ったのは、
長谷園 伊賀本店のスタッフ、工藤良枝です。

彼女は長谷園のギャラリーで働き始めて8年のスタッフで、
伊賀で採れる季節の食材を取り入れた土鍋料理が得意です!
そんな彼女が紹介するレシピは、
もうすぐ旬を迎える山椒を使った「ちりめん山椒」。
手のかかるイメージがありますが、土鍋ならとても簡単に作れます。

特に今回使用する「みそ汁鍋」は、とても肉厚で蓄熱力が高い土鍋。
やさしく煮立てて、最後は余熱で仕上げるので焦がす心配なしです。

ぜひ自家製のちりめん山椒を作って、
美味しいごはんと合わせてお楽しみください。

<工藤良枝のお気に入り土鍋>
「みそ汁鍋」… 土鍋について詳しくはこちらから

<お気に入りの理由>
肉厚の土鍋は煮込み料理にピッタリです。
土鍋の余熱力を上手に使って、最後は土鍋に任せておけば
美味しく仕上がるところが気に入っています。
ちりめん山椒の他にも、鶏の照り焼きや佃煮など
いろいろ活躍する土鍋です。

ちりめん山椒
<材料>
□ ちりめんじゃこ 150g
□ 実山椒(ゆで) 大さじ3
□ みりん 大さじ2
□ 酒 200mL
□ 濃口しょうゆ 大さじ3

<作り方>
1 「みそ汁鍋」に酒・みりんを入れ中火で煮立てる。

2 沸騰したらしょうゆを加え、煮立ち始めたらちりめんを加える。
  弱火にして10〜15分煮る。

3 実山椒を加え、さらに5分ほど煮る。
  ※煮汁が少なくなるので、かき混ぜながら煮ます。

4 火を止め、しばらくさっくりと混ぜる。
  そのまま冷まして余熱調理する。
  ※冷めると余分な水分はなくなります。
 
<一言コメント>
5月の終わりごろ家の庭になった山椒の実をやわらかいうちに収穫し、
さっと下ゆでして冷凍保存しておくと、1年を通して作れます。
[工藤良枝]

次回のrecipeバトンは誰に渡されるのでしょう?
みなさま、お楽しみに!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー
 
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< バターライスが味の決め手「ステーキプレート」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | おうちで簡単スモーク!「塩鮭のスモークとサラダ」 >>

このページの先頭へ