長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

recipeバトン 31. 赤パプリカのスープ


先月に引き続き、今回のレシピバトンも番外編でお届け!
東京・恵比寿にある長谷園のアンテナショップ「イガモノ東京店」で
毎月開催している土鍋料理教室をご紹介いたします。
            
毎日のお料理に気軽に土鍋をご活用いただけるよう、
土鍋の特長や土鍋料理のコツをデモンストレーション形式でお伝えする
土鍋料理教室を、各回10名様の少人数制で開催しております。            
前菜からデザートまで5〜6品、全て土鍋で調理し
出来上がったものをご試食いただきます。
定番メニューは土鍋ごはんと土鍋で作る燻製。
土鍋力に任せて仕上げます。
            
食材にゆっくりじっくり熱を伝える伊賀の土鍋は冬の鍋料理だけでなく、
毎日のお料理でも食材の美味しさを引き出してくれる調理道具です。

鍋料理だけじゃもったいない!
土鍋を使いこなして、美味しく楽しい食卓を。

ご興味のある方はぜひお申し込みください。お待ちしております。

※土鍋料理教室についての詳細は下記をご覧ください。
長谷園ホームページ イガモノ東京店
過去の料理教室「土鍋をおいしく上手に使う講座」の様子

今回は土鍋料理教室で好評だった「赤パプリカのスープ」のレシピを
ご紹介いたします。

<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)… 土鍋について詳しくはこちらから

赤パプリカのスープ
<材料>
□ 赤パプリカ 1個        
□ 玉ねぎ 1/2個        
□ バター 20g        
□ 塩・こしょう 適量        
□ コンソメ顆粒 小さじ1        
□ 水 300mL        
□ ディル 適宜
□ オリーブオイル 適宜

<作り方>
1 赤パプリカと玉ねぎはざく切りにする。

2 「みそ汁鍋」を中強火にかけてバターを溶かし、
  1の玉ねぎを炒める。
  透明感が出てきたら赤パプリカを加え、軽く炒める。
  火を止めてふたをし、3〜5分余熱調理する。

3 2に水200mL・塩小さじ1/2・コンソメを加えて
  再び中強火にかける。ひと煮立ちしたら中火にして、
  赤パプリカが柔らかくなるまで5〜8分煮込み、火を止める。            

4 ハンドブレンダーで3を攪拌し、全体がなめらかになったら
  水100mLを加えて再び中強火にかける。            

5 沸騰したら火を止め、塩・こしょうで味をととのえる。
  お好みでディルを添え、オリーブオイルを適量かけていただく。
 

次回のrecipeバトンは誰に渡されるのでしょう?
みなさま、お楽しみに!

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー
 
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< さっぱり味の「オクラ入り切り干し大根」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | カレー鍋で作る「夏野菜カレー」 >>

このページの先頭へ