長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

アジアン鶏飯「カオマンガイ」

米と一緒に鶏肉を炊き上げて作る、アジアンごはんを作りました。どうぞ「かまどさん」をご用意ください。

<使用土鍋>

  • 「かまどさん」3合炊き

<材料> 2人分

  • 白米 2合
  • 鶏もも肉 1枚(約300g)
  • 香菜 1株
  • 水 395mL
  • ナンプラー 小さじ1
  • プチトマト 適量
  • きゅうり 適量
  • 【A】しょうゆ 大さじ2
  • 【A】酢 大さじ1
  • 【A】砂糖 小さじ1
  • 【A】ごま油 小さじ1
  • 【A】豆板醤 少々
  • 【A】長ねぎ(みじん切り) 小さじ2
  • 【A】しょうが(みじん切り) 小さじ1
  • 【A】にんにく(みじん切り) 小さじ1


<作り方>

  1. 鶏肉は半分に切って塩(分量外)をふり、1時間ほど置いて常温にする。香菜は根元と葉に分け、葉はざく切りにする。プチトマトは半分に切る。きゅうりは食べやすい大きさに切る。【A】を合わせてよく混ぜ、タレを作る。

  2. 米は研いで、水気をきる。「かまどさん」に研いだ米・水を入れて20分浸水する。炊く直前にナンプラーを加えてよく混ぜ、上に香菜の根元・鶏肉をのせ、中ふた・上ふたをセットする。

  3. 中強火で約13分炊き(ふたの穴から蒸気が勢いよく出て1分が目安)、火を止めて20分蒸らす。鶏肉・香菜の根元を取り出して全体をよく混ぜる。

  4. 取り出した鶏肉を少し冷まし、あら熱が取れたら食べやすい大きさに切り分ける。皿にごはんを盛り、鶏肉・香菜の葉・プチトマト・きゅうりをのせ、タレを適量かけていただく。

 

鶏肉は必ず常温にしてから調理してください。冷たいままだと米の炊き上がりにムラができます。また、半分に切ってから調理することで炊き上がりのムラ防止・調理後の切り分けがしやすくなります。お試しください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 人気のレシピ 28. 豚肉と大根の炊き込みごはん | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 燻製アレンジレシピ「もやしと牛肉のスモーク風味炒め」 >>

このページの先頭へ