長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

人気のレシピ 42. とうもろこし肉団子

今回の人気のレシピは、長谷園東京店イガモノで開催した土鍋ワークショップ、古橋智子先生※の「土鍋薬膳講座」より、梅雨の養生レシピをご紹介します。梅雨から夏は湿度が高くなることで消化機能が低下し、体内の水分が滞りがちになります。薬膳で体調を整え、梅雨をのりきりましょう!

とうもろこし肉団子 2人分

<材料>

  • 豚ひき肉 200g
  • コーン缶詰(150〜170g入りのもの) 1缶
  • しょうが 1/2片
  • 長ねぎ(白い部分) 1/2本(15cm)
  • 紹興酒(酒で代用可) 大さじ1/2
  • 卵 1/2個
  • 片栗粉 適量
  • 塩・こしょう 適量


<作り方>

  1. コーンはざるにあけ、キッチンペーパーに広げて汁気をきる。長ねぎ・しょうがはみじん切りにする。

  2. ボウルに豚肉・紹興酒(酒)・塩・こしょう・卵・長ねぎ・しょうがを入れてよく混ぜる。食べやすい大きさ(8等分程度)に丸め、片栗粉にまぶしたコーンを全体につけ、軽く握って形を整える。

  3. 「蒸し鍋」の6分目まで水(または湯)を入れ、陶製すのこ・ふたをセットする。中強火にかけ、ふたの穴から蒸気が勢いよく出るまで沸騰したら、ふたを開けて2をのせる。ふたをして8〜10分蒸す。※お好みで酢醤油やポン酢につけても美味です。

  4.  

※古橋智子先生のプロフィール
漢方上級スタイリスト・養生薬膳アドバイザー、中国茶アドバイザー、かんぶつマエストロ。20代から保存食作りに親しみ、おもに東京都埼玉の子育て支援サロンやカルチャーサロンでワークショップ講師として活動。素材の旬だけでなく、体質・体調に合った材料で保存食作りをしたいという思いから漢方を学び、単なる保存食にとどまらない「薬膳保存食」のレシピを次々考案中。 「マルシェ・ド・ザジ薬膳・保存食教室」主催 平成26年より薬日本堂漢方スクールで講師を務める。

 

東京店にて開催する8月・9月の土鍋料理教室のお知らせは、7月初旬頃ホームページにてご案内いたします。ぜひお楽しみに!
※6月・7月の受付は終了しています。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「蒸し鍋コレクション」

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 食材の風味と旨みを生かす「白身魚のハーブ蒸し」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 魚の切り身を燻製に「漬けのスモーク夏野菜添え」 >>

このページの先頭へ