長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

人気のレシピ 60. シーフードトマト鍋

人気のレシピ12月

今回の人気のレシピは「シーフードトマト鍋」です。魚介をたっぷり使い、見た目にも華やかなおもてなしにぴったりのお鍋です。〆のリゾット風雑炊も絶品ですので、ぜひお試しください!

シーフードトマト鍋

<材料>

  • にんにく 1かけ
  • 玉ねぎ 1個
  • 【A】あさり 600g
  • 【A】いか 350〜400g
  • 【A】無頭えび 12尾
  • 【A】たこ 120g
  • 【A】じゃがいも 3個(約250g)
  • [B]水 200mL
  • [B]酒 100mL
  • [B]トマト(湯むきして細かく切る) 2個
  • [B]塩 小さじ1
  • 【パセリソース】パセリ(みじん切り) 2〜3枝
  • 【パセリソース】黒オリーブ(みじん切り) 5個
  • 【パセリソース】オリーブオイル 大さじ2
  • 【パセリソース】塩 小さじ1/2

 

<作り方>

  1. にんにく・玉ねぎはみじん切りにする。じゃがいもはさいの目に、たこは一口大に切る。あさりは砂抜きをして洗う。いかはさばいて食べやすい大きさに切る。えびは殻をむき、背開きにして背ワタを除く。

  2. [B]を混ぜてピッチャーなどに入れておく。【パセリソース】の材料を混ぜておく。

  3. 土鍋を中火にかけてオリーブオイル(分量外)をひき、1のにんにく・玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたら【A】の材料を加えてさらに炒める。

  4. 3に[B]を加えてふたをする。沸騰してあさりの口が開いてきたら、煮えたところから取り分ける。2の【パセリソース】を適量かけていただく。

<〆のリゾット風雑炊>
残った煮汁にごはんを加えて軽く混ぜ、約5分煮込む。塩・こしょうで味をととのえて火を止め、モッツァレラチーズ・パセリを加える。
※【パセリソース】をかけても美味しいです。

 

<使用した土鍋>
<大道正男>鉢鍋 黒(ON-34)
φ37×h15cm
2000mL
4kg
¥50,000(税抜)

「呑むこと、食うこと、料理することが生き甲斐」と豪語する
グラフィックデザイナーから作陶の世界に転身した異色の陶芸家
大道正男のコレクションです。
浅くて大きい土鍋は、食卓の真ん中で粋に使える優れもの。
空焚き可能ですので、ステーキを焼いたり、豪快に魚介を蒸し焼きしたりと
陶板としても大活躍すること間違いなし!!

 

東京店にて開催する2020年2月・3月の土鍋料理教室のお知らせは、2020年1月中旬にホームページにてご案内いたします。またワークショップなどのイベントのお知らせもホームページやSNSでご案内いたします。ぜひお楽しみに!

2020年も食卓を楽しむ土鍋料理をたくさんご紹介いたします。みなさま良い年末年始をお過ごしくださいませ。

※1月の土鍋料理教室はお休みさせていただきます。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
<大道正男>鉢鍋 黒

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 12月鍋特集(3)「タラとじゃがいものトマトクリーム鍋」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | さっぱり簡単鍋「たこしゃぶ」 >>

このページの先頭へ