長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

じっくりと作る「大根と豚バラの梅酒煮」

071102
大根が旬を迎えるこの時期、温かい煮物が恋しい季節です。
特に、土鍋でコトコト作る煮込み料理は芯までやわらかく仕上がり、格別です。
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料>4人分
□ 大根 300〜400g
□ 豚バラ塊肉 250g
□ 半熟卵 4個
□ 梅酒 50ml ※梅酒の甘味・酸味によって量は調節してください。
□ 水 250ml
□ 醤油 大さじ3
□ だし昆布 1枚
□ しょうが 1かけ

<作り方>
1. 大根は大きめの乱切りにする。豚バラ塊肉は4分割に切る。
 しょうがは薄切りにしておく。
2.脂身を下にして「みそ汁鍋」に肉を入れ、中強火にかける。
 鍋肌に肉をこすりつけるようにして両面焼き付ける(写真1)。
 いったん肉を取り出す。
3.2の鍋に大根を入れ炒め、全体に脂が回ったら肉を戻す。
 梅酒・水・だし昆布・しょうがを入れ、蓋をする。
07110212
4.沸騰したら醤油を入れ、落とし蓋をして(写真2)弱火にし、約1時間煮込む。
 火を止め、30〜40分ほど余熱で味を含ませる。
 ある程度冷めたら半熟卵を入れ、煮汁につけておく(写真3)。
0711023
5.食べるときに温め直し、器に盛りつける。
 ※半熟卵に火を入れすぎないように注意。
 ※彩りに、水で戻したクコの実と塩ゆでした大根の葉を付け合わせに。

「みそ汁鍋」は、土鍋といっても「炒め」ができるのが魅力。
優れた蓄熱効果で余熱調理ができ、とても便利です。
もちろん市販の梅酒でもOKですが、自家製の梅酒を漬けている方は、
こんな風にお料理に使ってみてはいかがでしょうか。
できれば朝から作っておき、ゆっくりと夕方まで寝かせてください。
そうすると味が馴染み、しみじみおいしい煮物になります。

※今回ご紹介した「みそ汁鍋」は大丈夫ですが、空焚きができない土鍋もございますので、ご注意ください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 「片口冷酒器」ですてきな秋の夜を | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 陶珍かまどで炊く「玄米ごはん」 >>

このページの先頭へ