長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

食べる一汁「イガモノ風豚汁」

07112312
材料を刻み、炒めて水で煮込むだけ。
野菜と肉からじっくりとだしが出て、本当においしい一汁に仕上がります。
たっぷりと、おかず代わりの一品としてお楽しみください。
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料>たっぷり6人分
□ 豚バラ肉 100g
□ 大根 100g
□ 人参 1/2本
□ 里芋 小さいもの4〜5個
□ ごぼう 1/2本
□ 白菜 少々
□ いんげん 少々
□ こんにゃく 少々
□ 木綿豆腐 1/2丁
□ 細ねぎ 少々
□ ごま油 大さじ1
□ 水 600ml
□ 麦味噌と玉味噌 合わせて60〜80g
 ※味噌の塩気によって量を加減してください。

<作り方>
1.材料を全て食べやすい大きさに切る。細ねぎは小口切りにする。
2.「みそ汁鍋」にごま油を入れ、中強火にかけ、まずこんにゃくを炒める。
 続けて大根・人参・里芋・ごぼう・白菜の白い部分を炒める。
3.全体に油が回り、しんなりするまでよく炒めたら、水を入れて蓋をする。
 煮立ってきたら豚肉・木綿豆腐を入れる(写真1)。
 中火にして、5分煮込む。
4.白菜の葉の部分といんげんを入れ、味噌を溶かし入れる。
 火を止め、そのまま15分ほどおく。
5.食卓に運び、大きめの碗か丼に盛りつけ、ねぎを散らす。
 お好みで七味をかけていただく。(写真2)
07112312
みそ汁鍋は、土鍋といっても「炒め」ができるのが魅力。
最初にしっかり野菜を炒めると、引き締まった野菜だしの味が出ます。
またみそ汁鍋で作ると、なぜか里芋の嫌なぬめり・野菜や肉のあくが出ません。
野菜はあるものや、残ったものなど何でもお使いください。
味噌はどんな味噌でもかまいません。玉味噌は長谷園の故郷、伊賀の味です。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< あつあつ、ほっくり「ポテトグラタン」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | これは便利!「ふた・おたま置き(木製)」 >>

このページの先頭へ