長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

滋味ゆたかな「煮干しのだし」


土鍋は煮干しなど少し煮込んで取るだしに重宝します。
沸騰したら火を止めて、余熱で仕上げます。
どうぞ「みそ汁鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「みそ汁鍋」(大)

<材料>1000ml弱のだし
□ 水 1000ml
□ 煮干し 40g(頭・ワタを取って30g)

<作り方>
1.煮干しは頭とワタを取る(写真1・2)。

2.「みそ汁鍋」に水と1の煮干しを入れ、30分〜一晩つけておく(写真3)。
3.2を強火にかけ、沸騰したら火を止めて10〜20分予熱で煮出す(写真4)。

4.煮干しを取り出す。

みそ汁や煮物など、色々な料理にお使いください。
残った煮干しは、甘辛く炊いたり汁の具にするとおいしくいただけます。

※写真は「はまぐりと菜の花のお吸い物」です。
(作り方は、おまけレシピでご紹介します。)


【 おまけレシピ:はまぐりと菜の花のお吸い物 】
<使用土鍋>
「みそ汁鍋」または小さめの土鍋

<材料> 2〜3人分
□ はまぐり 6〜8粒
□ 菜の花 適量
□ 豆腐 半丁
□ レモン 適量
<だし>
□ 煮干しのだし 500ml
□ 酒 大さじ1
□ 塩 小さじ1

<作り方>
1. はまぐりは殻をこすり合わせてよく洗う。
 菜の花はざく切りにする。豆腐は食べやすく切る。
2.土鍋に<だし>の材料とはまぐり・菜の花・豆腐を入れ、蓋をして火にかける。
 沸騰したらアクが出てくるので、取り除く。
3.はまぐりの口が開いたらできあがり。火を止め、食卓に運ぶ。
 器に取り分け、お好みでレモンを搾っていただく。

だしを味わいたいので、味付けは塩だけです。
煮干しのだしは、貝とよく合います。お試しください!


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「みそ汁鍋」
「伊賀土鍋 黄瀬戸 小」
「陶雛 彩色 丸・小」
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< ご飯がすすむ、辛旨おかず「コチュジャン煮」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | こだわりの粉引の器 >>

このページの先頭へ