長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

少量だから作りやすい「明日食べきるジャム」


このジャムは、腕まくりして作るジャムではありません。
ちょっと残ったものなど、ほんの少しのフルーツをポンと小ぶりの土鍋に入れ、
気ままに作ります。
どうぞ「プチ鍋(小鍋でもOK)」をご用意ください。


<使用土鍋>
「プチ鍋」

<材料>プチ鍋1個分(2〜3人分)
□ イチゴ 100g ※あれば小粒のもの
□ 砂糖 20g
□ レモン 1/4個
□ 水 20ml

<作り方>
1.イチゴは洗ってへたを取る(写真1)。大きいものは半分に切る。
 レモンは搾って種を取り除く。
2.「プチ鍋」にイチゴ・砂糖・レモン汁を入れ、蓋をして2時間程度おく(写真2)。

3.2の「プチ鍋」に水を入れ、弱火にかける。沸騰したら蓋を取る。
 ※「プチ鍋」がガス台の五徳に乗らない場合は網などを敷いてください。
4.時々かき混ぜながら煮詰めていく。白いあくが出てきたら取り除く(写真3)。
 30分ほど煮詰めたら火を止め、蓋をしてそのまま冷ます。
 ※イチゴの粒を残した、さらっとした仕上がりになります(写真4)。
  お好みで加熱時間を調節してください。

やわらかい熱で火を入れることができるのは、土鍋ならでは。
コンパクトな「プチ鍋」は、冷めたらそのまま保存容器として冷蔵庫に入れられ、
翌朝の食卓に並んでも違和感がありません。
少しの量なので「明日食べきるジャム」ですが、もちろん残してもOK!
密閉容器ではないので長期保存はできませんが、1週間ぐらいは大丈夫。
パンに塗るほか、ヨーグルトやアイスクリームのソースとしてもお楽しみください。


【 おまけレシピ:ふっくらさんのトースト 】
「ふっくらさん」でおいしいトーストが焼けます!ぜひお試しください。
<使用土鍋>
「ふっくらさん」小 ※パンのサイズや量により、中・大でもOK

<材料> 2人分
□ お好みのパン 4枚
□ マーガリン・ジャムなどお好みで 適量

<作り方>
1. 「ふっくらさん」に網を敷き、蓋をして3分強火にかけて予熱する。
2.パンを網にのせ蓋をして、火加減を中火にして1〜2分焼く。
 焼き目が付いていたら裏返し(写真1)、さらに1〜2分焼く。
 マーガリンやジャムなどを塗っていただく。
 ※お好みの焼き加減でどうぞ!

写真はハードタイプの小さいパンですが、イングリッシュマフィンや食パンなど、
どんなパンでもおいしく焼けます。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「プチ鍋」
「ふっくらさん」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 春の訪れを楽しむ、土鍋のおもてなし | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | お客さまの声から生まれた 「new つけもの名人(角)」 >>

このページの先頭へ