長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

さっぱり、もちもち「蒸しワンタン」


卓上であつあつをいただく、楽しくておいしい蒸しワンタンです。
作り方は餃子と同じ。包んだワンタンとキャベツをテーブルに並べ、
土鍋に湯が沸いたら、さあ始めましょう!
どうぞ「ヘルシー蒸し鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「ヘルシー蒸し鍋」

<材料>約40個分
【具】
□ キャベツ 300g
□ 豚挽肉 200g
□ 細ネギ 40g(1/2束ぐらい)
□ 塩 小さじ2
□ オイスターソース 小さじ2
□ しょうゆ 小さじ2
□ ごま油 小さじ1
□ こしょう 少々

□ ワンタンの皮 40枚
□ ワンタンの下に敷くキャベツ 適量
□ ポン酢 または酢・しょうゆを同量混ぜたたれ 適量
□ お好みで 五香粉・ラー油

<作り方>
1. 具を作る。キャベツをみじん切りにして塩小さじ2をふり、
 すぐによくもんでしっかり水気をしぼる。細ネギは小口切りにする。
 具の材料を全て合わせ、粘りが出るまで手でよく混ぜる(写真1)。
2. 具を適量ずつスプーンでワンタンの皮にのせ、
 縁に水をつけ好みの形に包む(写真2)。

3.「ヘルシー蒸し鍋」に半分の水か湯を入れ、陶製すのこをセットし強火にかける。
 湯が沸き蒸気が上がってきたらすのこにざく切りにしたキャベツを敷き、
 ワンタンを並べる(写真3)。蓋をして5〜6分蒸してできあがり。
 ポン酢など、お好みのたれにつけていただく。
 たれに五香粉・ラー油を入れてもおいしくいただけます。
 食べる分ずつ卓上で蒸しながら、できたてアツアツをお楽しみください(写真4)。
 ※食材をすのこに並べるとき、蒸気で火傷をしないよう注意してください。
 ※ワンタンはくっつかないように並べてください。

「ヘルシー蒸し鍋」なら、卓上の鍋料理をこんな風にお楽しみいただけます。
スープでいただくことが多いワンタンですが、蒸すことで具の旨みを逃がさず、
栄養もしっかり摂れ、塩分摂取も控えられます。
ネギたっぷりで、にんにくを入れなくても十分風味豊かに仕上がります。お試しを!


【 おまけレシピ:手作り!餃子の皮 】
もちもちの皮から作る本格手作り餃子はいかがでしょうか?
時間と手間は掛かりますが、おいしさは格別です!


<材料> 約40個分
□ 強力粉 200g
□ 水 110ml

<作り方>
1. 大きめのボウルに強力粉と水を入れ、指先で混ぜ合わせる。
 まとまってきたらこね合わせ、ラップをして30分ねかせる。
2. 清潔なまな板などにしっかりと打ち粉(強力粉・分量外)をし、
 1の生地をよくこねる。しっとりとなめらかにまとまったら棒状にし、
 包丁でまず4つに切り分け、1つを10等分にする。
 ※生地は乾かないように固く絞った濡れ布巾をかぶせておく。
3. もう一度打ち粉をし、めん棒で1つ1つ直径8cmほどの円形に伸ばす。
 残りの3つも切り分け、同様に伸ばす。
 ※打ち粉をこまめに補充するとくっつきません。

4. 手作りの皮の場合は、縁に水をつけずに具を包む。
 「蒸しワンタン」と同様に蒸すか、茹でて水餃子にしていただく。

<ご紹介した土鍋はこちらから>
「ヘルシー蒸し鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 素材の味がギュッと「焼きそらまめ」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | ブランチにも、おつまみにも「焼きトマトエッグ」 >>

このページの先頭へ