長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

甘さが引き立つ「焼きパプリカの前菜」


肉厚で真っ赤なパプリカは、焼くとフルーツのように甘くなります。
余熱調理が得意な「ふっくらさん」なら、オーブンで焼くより簡単です。
どうぞ「ふっくらさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「ふっくらさん」大

<材料>3〜4人分
□ パプリカ(赤) 3個
□ 塩 小さじ1/2
□ レモン 1/2個
□ ズッキーニ 1本
□ 粗挽き胡椒 少々
□ お好みで エキストラバージンオリーブオイル 少々

<作り方>
1. パプリカはよく洗い、汚れを落とす(写真1)。
 1個ずつアルミホイルでくるみ、「ふっくらさん」に並べる(写真2)。

2. 蓋をして中強火にかける。
 まんべんなく焼けるよう途中1〜2回パプリカを返しながら、約25分加熱する。
 火を消し、そのまま余熱を10分入れる。
 蓋の上にホイルごと取り出し、手で触れるぐらいまで冷ます。
3. 冷めたらホイルを取り除き、パプリカを取り出す(写真3)。
 中の焼き汁を蓋で受けながら、手で割いてへたと種を取り除き、皮をむく。
 ※「ふっくらさん」の大きな蓋の上で作業すると便利です。
4. 3のパプリカを食べやすい大きさに割き、塩を加えて混ぜ合わせる(写真4)。

5. 輪切りにして網焼きしたズッキーニ(塩をふる)と共に盛りつけ、
 パプリカの汁を回しかける。黒胡椒を挽き、レモンをくし形に切って添える。
 レモンを搾り、またお好みでオリーブオイル少々をかけていただく。
※調理中・調理直後の「ふっくらさん」は大変熱くなっておりますので、
 やけどにご注意ください。

焼きパプリカは、つめたく冷やしていただいても美味です。
ズッキーニの他にトマトと合わせたり、またそのままでも立派な前菜になります。
全体が柔らかくなるまで、しっかりじっくり火を入れることがコツです。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「ふっくらさん」

レシピ募集フォームリンクバナー


 
Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< おこげもうれしい「あさりとトマトの炊き込みごはん」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 自然な甘み「はちみつピーチコンポート」 >>

このページの先頭へ