長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

ふっくらおいしい「桜えびの蒸し焼きそば」


いつもの焼きそばを「ふっくらさん」で作ってみませんか?
文字通り『ふっくら』蒸し焼きにする、シンプルなおいしさです。
どうぞ「ふっくらさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「ふっくらさん」(大)

<材料>3〜4人分
□ 焼きそば 3袋
□ 桜えび 50g
□ キャベツ 1/4玉
□ 小口ネギ 適量
□ スプラウト(貝割れ菜でもOK) 適量

【ソース】
□ だし汁 90ml(焼きそばの袋に表示してある水の量)
 ※鰹だし、鶏ガラスープ、お好みでご用意ください。
□ 塩 小さじ1
□ ナンプラー 大さじ1
□ ごま油 大さじ1
□ 胡椒 少々

<作り方>
1. キャベツは千切りにする。ネギは粗めの小口切りにする。
 スプラウトは土台のスポンジを落とし、洗って種の皮を除く。(写真1)
 ソースの材料を全て合わせ、よく混ぜておく(写真2)。

2.「ふっくらさん」にまずキャベツを敷き(写真3)、軽くほぐした焼きそば・
 ネギ・桜えびをのせて(写真4)蓋をして、強火にかける。

3. 5分ほどで一度蓋を開けてソースを回しかけ、軽く混ぜてもう一度蓋をする。
 火を中強火にし、時々様子を見ながら水気がなくなるまで7分ほど加熱する。
 最後にスプラウトを入れて火を止め、蓋をしたまま5分ほど蒸らす。
 卓上に運び、よく混ぜてから器に取り分けていただく。
※調理中・調理直後の「ふっくらさん」は大変熱くなっておりますので、
 やけどにご注意ください。
 調理直後の土鍋をテーブルなどに置く際は「陶製鍋敷」をおすすめいたします。

フライパンで作る焼きそばとはまた違った風味が楽しめる
「ふっくらさん」の蒸し焼きそば。
桜えびとキャベツのほか、白ネギと豚バラ、イカとキムチなど、
お好みの食材で組み合わせのバリエーションをお試しください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「ふっくらさん」
「陶製鍋敷」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 甘さが引き立つ「焼きパプリカの前菜」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 微煙陶炉「やきやきさん」 >>

このページの先頭へ