長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

うなぎがふっくら、手間いらず「うな丼」


夏本番です。「かまどさん」で炊飯と同時にうなぎを蒸し上げる
お手軽うな丼はいかがでしょうか。
暑さが続きバテ気味のこの季節にぴったりのレシピです。
どうぞ「かまどさん」をご用意ください。


<使用土鍋>
「かまどさん」3合炊き

<材料>3〜4人分
□ 白米 2合
□ 水 400ml
□ うなぎ(蒲焼きにしたもの) 1尾
□ いりごま 適量

【たれ】作りやすい分量(本レシピのうな丼で約1〜2回分)
□ 醤油 50ml
□ 日本酒 30ml
□ 砂糖 大さじ1と1/2

【薬味野菜】
□ きゅうり 1本
□ みょうが 1個
□ 大葉 5枚

<作り方>
1. たれの材料を小さめのフライパンか小鍋に入れ火にかけ、2分ほど煮詰める。
 軽くとろみがついたら火を止め、そのまま冷ましておく。
 うなぎは2センチ幅程度に切っておく。
2. きゅうりは薄い輪切りにして塩少々(分量外)でもみ、水気を絞る。
 みょうがは斜め薄切りにする。大葉は千切りにする。
3. 「かまどさん」に洗った米と水を入れて中蓋をし、その上に1のうなぎを乗せる。
 このとき、うなぎが中蓋の穴を塞がないように注意して並べる(写真1)。
 上蓋をし、約12分中強火にかける。
 上蓋の穴から蒸気が勢いよく出てきて1分を目安に火を止め、20分蒸らす。

4. 炊き上がったごはん(写真2)を混ぜ、うなぎを全部乗せる。
 たれを適量かけ、いりごまをふってできあがり(写真3)。
 うなぎとごはんを飯碗か丼に盛り、薬味野菜を添えていただく(写真4)。
※薬味野菜を全部「かまどさん」に入れ、うなぎと共によく混ぜて
 混ぜごはんのようにしてもOK。

 詳しい炊き方を動画でご覧いただけます。→ 長谷園紹介動画「かまどさん」
 ※読み込みに時間がかかる場合がございます。

うなぎの蒲焼きを温めるのは意外と手間ですが、
この方法は手軽なだけではなく、ふっくらおいしくうなぎを蒸し上げます。
※米の上に直接うなぎを置いて炊くと生臭くなりますので、お避けください。
炊飯直後の中蓋は大変熱いのでご注意ください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「かまどさん」

レシピ募集フォームリンクバナー



Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< できたても、冷やしてもおいしい「オクラの煮浸し」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 季節のごあいさつに贈る「iボトル」 >>

このページの先頭へ