長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

実りの秋を愉しむ「秋の蒸し野菜」


秋の味覚をまるごと蒸しながら卓上でいただきます。
どうぞ「ヘルシー蒸し鍋」をご用意ください。


<使用土鍋>
「ヘルシー蒸し鍋」(中)

<材料>4〜6人分
□ きのこ 3〜4種類、1パックずつ
 (椎茸・しめじ・エリンギ・舞茸・松茸・マッシュルーム etc)
□ さつまいも 中1本
□ じゃがいも 3〜4個
□ 塩・ポン酢・アイオリソースなどお好みのたれ
 ※数種類用意しておくと、色々な味が楽しめます。

<作り方>
1. きのこは食べやすく手で割く。
 さつまいも・じゃがいもはよく洗って食べやすい大きさに切り、
 それぞれ水につけておく。
2.「ヘルシー蒸し鍋」の7分目まで水(または湯)を入れ、
 すのこ・ふたをして強火にかける。
 蒸気が上がってきたらまずさつまいも・じゃがいもを入れ、
 蓋をして5分間蒸し、さらにきのこを入れ、蓋をして3〜5分間蒸し上げる。
 ※いもなど、火が通りにくい食材は前もって電子レンジにかけておくと
  同時に鍋に入れられます。
 いもが黄色くなり、きのこから水気が上がってきたらOK。
 取鉢に上げては次々と食材を足していく。
 お好みのたれや塩をつけていただく。

いもの甘みが増す土鍋蒸しは、ぜひお試しいただきたいメニュー。
肉厚のきのこもみずみずしく、とてもおいしくいただけます。
豚肉など、お肉を一緒に蒸せばごちそう感がさらにアップします。
卓上で蒸しながら…仲間の話もはずみます。


【 おまけレシピ:アイオリソース 】
<材料> 4人分
□ 卵黄 1個分
□ エキストラバージンオリーブオイル 大さじ3
□ レモン汁 大さじ3
□ にんにく(すりおろす) 1かけ
□ 塩 小さじ1/2
□ こしょう 少々

<作り方>
1. 材料をすべて空きビンなどふたのある容器に入れ(写真1)、
 乳化するまでシェイクする(写真2)。※さらっとした仕上がりです。

もっとしっかり作る場合はオイルの量を倍にし、
卵黄・塩・レモン汁をよく混ぜ合わせたところにオイルを少量ずつ加え、
泡立て器でよく混ぜて乳化させ、最後ににんにくとこしょうを加えてください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「ヘルシー蒸し鍋」

レシピ募集フォームリンクバナー


Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 旨みが凝縮「チキンとマッシュルームのピラフ」 | 「長谷園の週刊webレシピ」トップへ | 料理教室『イガモノ食堂』を開催致しました! >>

このページの先頭へ