長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

パーティーにおすすめ!「温野菜のエビバーニャカウダ」

パーティーにぴったりのおもてなし蒸し鍋「バーニャカウダ」をご紹介します。どうぞ「ヘルシー蒸し鍋」をご用意ください。

<使用土鍋>

  • 「ヘルシー蒸し鍋」中サイズ ※その他の蒸し鍋全般で代用可能
  • ホットソースボウル 小
  • キャセロールミニ ※金属の鍋で代用可

<材料> 約3人分

  • 有頭エビ(ひげは切る) 6尾
  • 小かぶ 2個
  • ブロッコリー 1/2株
  • しいたけ 3〜4個
  • いんげん(モロッコいんげん) 適量
  • 【A】にんにく(すりおろし) 1かけ分
  • 【A】オリーブオイル 大さじ5
  • 【A】牛乳 150mL
  • 【A】塩 小さじ1/2


<作り方>

  1. 野菜は食べやすい大きさに切る。エビはさっと洗って頭と体に分け、体は殻をむく。頭は開いて小鍋に入れる。小鍋にオリーブオイル大さじ2を加え、中火にかけてエビの頭をつぶすように炒める。牛乳を加え、ふたをして弱火で5分煮込む(ときどき混ぜる)。

  2. 1の小鍋からアク取りなどでエビの頭や砕けた殻などを取り除き、にんにく・塩を加えてさらに5分煮込む(ときどき混ぜる)。最後に残りのオリーブオイル大さじ3を加え、さらに2分煮込む。火からおろしてそのまま10分ほどおいて余熱調理し、適量をホットソースボウルに注ぎ入れる。

  3. 「蒸し鍋」の半分まで水(または湯)を入れ、陶製すのこ・ふたをセットする。中強火にかけ、ふたの穴から勢いよく蒸気が出るまで沸騰させる。ふたを開けて2のホットソースボウル・1の野菜とエビの体を適量入れてふたをする。

  4. ふたをして約3分蒸し、ソースをつけながらいただく。

ソースを作った土鍋「キャセロールミニ」は空焚きができ、ソースなどを少量作るのにも向いた土鍋です。ソースの量は作りやすい量です。蒸し鍋をしながら、随時足してお楽しみください。エビの風味がついた濃厚で美味しいソースなので、余ったらパスタソースやホワイトソースに足したり、アレンジしてお使いください。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
蒸し鍋コレクション

「ホットソースボウル」
「キャセロールミニ」

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 3 / 674 >>

このページの先頭へ