長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

蒸し鍋で作る「豆乳鍋」

冬の美味しい野菜をたっぷり蒸して、豆乳鍋でいただきます。どうぞ「ヘルシー蒸し鍋」をご用意ください。

<使用土鍋>

  • 「ヘルシー蒸し鍋」中サイズ ※その他の蒸し鍋全般で代用可能

<材料> 約4人分

  • 豚ロース薄切り肉 300g
  • 小かぶ 3〜4個
  • 白菜 1/4〜1/6個(約250g)
  • ごぼう 1/2本
  • まいたけ 1パック
  • 油揚げ 1枚
  • 【A】水 550mL
  • 【A】酒 50mL
  • [B]豆乳 300mL
  • [B]みそ 60g
  • [B]かつおだしの素(顆粒) 6g
  • 塩 適量(みその塩分により加減)


<作り方>

  1. 小かぶは放射状に8等分に切って水に放ち、泥を落とす。白菜はざく切りにする。ごぼうはタワシでこすって洗い、スライサーやピーラーで薄切りにする(アクが強い場合はさっと水にさらす)。まいたけ・油揚げは食べやすい大きさに切る。陶製すのこに小かぶ・白菜・ごぼう・まいたけを盛り付ける。

  2. 「蒸し鍋」に【A】を入れて1の陶製すのこをセットし、ふたをして中強火にかける。ふたの穴から蒸気が勢いよく出てきてから約3分加熱し、火を止めて陶製すのこごと野菜を取り出す(難しい場合は野菜を皿などに取り出してから陶製すのこをはずす)。

  3. 鍋に残った湯に[B]を加え、味をみて薄い場合は塩を加えてととのえる。ふたをして中火にかけ、湯気が立ってきたら火を弱め、豚肉・油揚げ・2の蒸し野菜を適量加える。

  4. 煮汁が沸騰しない火加減を保ち、肉の色が変わったら取り分けていただく。

豆乳は沸騰させると分離しやすいのでグツグツ煮込まず、蒸した野菜を加えて食材を温めるように作るレシピです。この方法なら、肉も固くなりません。分離した場合もアクのような部分は大豆の栄養素なので取り除かす、そのままお召し上がりください。お好みで七味やXO醤を添えても美味です。


<ご紹介した土鍋はこちらから>
蒸し鍋コレクション

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 3 / 685 >>

このページの先頭へ