長谷園の週刊webレシピ

『長谷園の週刊webレシピ』は「食卓は遊びの広場だ」をコンセプトに、
楽しくておいしい旬の土鍋レシピをお届けします。
毎週金曜日更新です。

土鍋でごはん炊き「さんまの洋風炊き込みごはん」

旬のさんまで、洋風の炊き込みごはんを作りました。どうぞ「伊賀土鍋」をご用意ください。

<使用土鍋>

  • 容量2000mL前後の「伊賀土鍋」全般

<材料>

  • さんま 1尾
  • プチトマト 5個(約80g)
  • にんにく 1かけ
  • ハーブ(ディル・タイムなど) 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 白米 2合
  • 水 370mL
  • コンソメの素(顆粒) 小さじ2
  • 塩 適量
  • こしょう 少々


<作り方>

  1. さんまは三枚におろして内臓・腹骨を除き(包丁で削ぐ)、水でよく洗う。キッチンペーパーでおさえて水気を取る。プチトマトは半分に切る。にんにくは薄切りにする。ハーブはざく切りにする。米は研いで水気をきり、分量の水とともに土鍋に入れて20分浸水しておく。

  2. 耐熱器(写真はオーバルプレート 大)にオーブンペーパーを敷き、ハーブ(少量残しておく)・にんにく・さんま・プチトマトをのせて全体に塩適量・オリーブオイルをかける。トースター(1000W)でさんまの表面がこんがりするまで焼く。

  3. 1の土鍋にコンソメの素を加えてよく混ぜ、米の上に2を全てのせる。※オーブンペーパーから滑らせるように入れるとうまくいきます。

  4. 3を中強火にかけ、沸騰したら弱火にして8分加熱し、火を止めて15分余熱調理する。※ふきこぼれそうな場合はふたをずらしてください(多少ふたを開けても問題なく炊き上がります)。

  5. 残しておいたハーブを散らし、こしょうをふる。よく混ぜ、取り分けていただく。

さんまの臭みもなく、シンプルながら見た目も華やかに仕上がるので、おもてなしにもおすすめの一品です。今回は「ヘルシー蒸し鍋」の中サイズで、すのこを外して作りました。お試しください!


<ご紹介した土鍋はこちらから>
「伊賀土鍋」

「ヘルシー蒸し鍋」
「オーバルプレート」

Copyright (C) 2007〜 長谷園 all Rights Reserved.
<< 3 / 615 >>

このページの先頭へ